本文へ移動

聖霊会のお祝い日の紹介 バックナンバー

12月9日は無原罪の聖マリアの祭日です

聖ペトロと聖パウロの祭日 6月29日

RSS(別ウィンドウで開きます) 

人間味のある大聖人

2019-06-28
聖ペトロは「天国のカギ」を持っている
「わが主と同じ姿で死ぬに値しない」と逆さ十字架を希望した
聖ペトロは、 イエス・キリストが選ばれた12人の弟子のリーダー的存在だった人です。 本業は漁師でした。 新約聖書には彼のエピソードがたくさん出てきますが、 特にイエスと一緒に過ごした3年間のペトロは血気盛んで、 思ったことをすぐに口にしてしまい、主にたしなめられたりする、 っちょこちょいだけれどイエスへのまっすぐな愛を持ったペトロがわたしは好きですきらきらしたハート  英語版ですが 『St. Peter』 という映画は彼が自分の人間的な弱さと葛藤しながら、 初代教会を導き、 最後には逆さの十字架にかけられて主イエスのために命をささげるまでに成長していく姿がよく描かれていると感動しました。 また映画、 コミック漫画にもなった 『クオ・ヴァディス』 も、 実はペトロが十字架にかけらる前、 ローマで起きている迫害から逃れようとして、 道を下っているときにイエスに出会い、 「主よ、どこへ行かれるのですか?」(クオ・ヴァディス・ドミネ?)と尋ねると、 「わたしはあなたの代わりにもう一度十字架につけられるためにローマに行く」という答えが返ってきたので、それに勇気づけられてローマに戻り、 「わたしはわが主と同じありさまで死ぬに値しない。どうか逆さにしてくれ」と頼んで、 逆さ十字架にかけられて殉教したという話なのですよ。

迫害者から使徒へ

2019-06-28
聖パウロはキリストの生前の直接の弟子ではありませんでした。 むしろ厳格なファリサイ派のユダヤ人で、 イエスの復活を証ししている弟子たちを捕まえて投獄し、 殺害にも絡んでいた迫害者でした。 その彼に幻の中でイエスが現れ、 「あなたはどなたですか?」と問うパウロに「わたしは、あなたが迫害しているイエスである」という答えがありました。 パウロはその時の強い光によって盲目になってしまいましたが、 キリストの弟子によって癒され、 「目からうろこのようなものが落ちて、 サウロは元どおり見えるようになった。」(使徒9:18)という記事があります。 そう、「目からうろこ」ということわざはここから取られたものなんですよ。 これがパウロの回心のきっかけでした。 それからは180度人が変わって、 今度は人一倍熱心なキリスト教徒となり、 当時の世界中(地中海周辺)を旅して、 数知れない艱難に何度も命を奪われそうになりながらも(2コリント11:23-29)主イエスを宣べ伝えていったのです。 まさに宣教者のかがみと言えるでしょう。 そして彼も最後にはローマで首をはねられて殉教しました。 『Paul, Apostle of Christ』(英題)という映画も出ています。 
聖書と剣を持っているのがパウロ

聖霊降臨祭 

聖霊降臨の祭日は教会にとっては「教会の誕生日」であり、私たち聖霊会員にとっては「会の称号の祝日」で、世界中の聖霊会員は心を合わせて大きくお祝いします。聖霊降臨は移動祝日で、復活祭に伴って毎年お祝い日が変わります。今年2019年は6月9日(日)です。
会では特に聖霊降臨前の9日間(ノヴェナ)を大切にし、シスターたちは毎日、共同体で世界各国の意向を思い起こしながら、聖霊が「息吹を送って、地のおもてを新たにしてくださるように」と祈ります
また、特に聖霊への信心として、会のテーマソングともいうべき「つくり主なる聖霊よ、来たりたまえ(Creator Spirit All Divine/Veni Creator)」を毎朝、また重要な会議の始めに祈ります。
ちょっと編集は不完全ですが、私たちのVeni Creatorを動画で見られます。 https://youtu.be/oUDkomaVijk
下記の「聖霊来てください(聖霊の続唱/Holy Spirit, Lord of Light/Veni Sancte Spiritus)」もよく使われる祈りです。
    
 
 ~~ 聖霊の続唱 ~~

聖霊来てください。
あなたの光の輝きで、わたしたちを照らしてください。
貧しい人の父、心の光、証の力を注ぐ方。
やさしい心の友、さわやかな憩い、ゆるぐことのないよりどころ。
苦しむ時の励まし、暑さの安らい、憂いの時の慰め。
恵み溢れる光、信じる者の心を満たす光よ。
あなたの助けがなければ、すべてははかなく消えてゆき、
だれも清く生きてはゆけない。
汚れたものを清め、すさみをうるおし、受けた痛手をいやす方。
固い心を和らげ、冷たさを温め、乱れた心を正す方。
あなたのことばを信じてより頼む者に、尊い力を授ける方。
あなたはわたしの支え、恵みの力で、救いの道を歩み続け、
終わりなく喜ぶことができますように。 アーメン。
 

「(私たちは)聖霊のはしためとして、特別なしかたで聖霊を愛し礼拝する。聖霊は私たちの心を神の愛で満たし、わたしたちの存在を変容し、祈りと活動にみなぎる。聖霊によって自己譲渡ができ、私たちの共同体に固有の性格がもたらされる。私たちの中で働かれる聖霊に心を開き受け入れる時、私たちはこの世における聖霊の現存を証しする。愛に駆り立てられ、人々が救いの計画における神のダイナミックな働きを、より深く意識することができ、聖霊を愛し、聖霊の導きに生涯をゆだねることができるように私たちを賭ける。」(聖霊会会憲より)
As Servants of the Holy Spirit, we love and honor the Holy Spirit in a special way. He fills our hearts with God’s love, transforms our being and pervades our prayer and activity. He makes our self-surrender possible and gives our communities their distinctive character. Open and receptive to his action in us, we witness to his presence in the world. Our love urges us to commit ourselves that others may come to a deeper awareness of his dynamic action in God’s saving plan, that they may love him and yield their lives to his guidance. 」(SSpS Constitutions)
聖霊降臨祭に関する説明は、下記のカトリック中央協議会のリンクを参照ください。

修道院での伝統的な聖なる三日間の過ごし方をご紹介します

Video clip: A Joyful Season of Lent ~喜びの聖節である四旬節~

TOPへ戻る