本文へ移動

創立者と共同創立者 ~Founders~

神言会 最初の宣教者 聖ヨゼフ・フライナーデメッツ 1月29日

故郷でのヨゼフ

2020-01-29
神学生時代の聖ヨゼフ・フライナーデメッツ
オイエスにある、聖ヨゼフの生誕記念教会
 「福神父」と、中国の人びとから敬愛をもって呼ばれた、神言会最初の宣教師、聖ヨセフ・フライナーデメッツとはどんな方だったのでしょうか。1月29日がこの聖人の祝日です。
 ヨセフ・フライナーデメッツは、1852年4月15日、オーストリア領、南チロル、ドロミテの高地のオイエスという小さな村で生まれました。この渓谷の人びとは少数民族のラディン族に属していて、ヨセフもラディン語を話していました。父ジョバン・マッティアと母アンナ・マリアとの間には11人の子どもがいて、ヨセフは4番目でした。家族は小さな農場を持ち、生計を支えていました。日常生活はカトリックの伝統に深く根付いていて、一日は家庭祭壇の前での「お告げの祈り」で始まり、全員で唱える「ロザリオの祈り」で閉じられていました。父は子供たちを毎日村から20分もかかる教会へ連れて行きました。
 1872年ヨセフは神学校へ入学し、1875年司祭として叙階されました。ブリクセンは宣教精神に満たされて、世界に開かれた都市であったこと、ヨセフも学校と神学校時代に宣教者との交流を育てた教師に出会っていたこともあり、宣教師としての召命をはっきり感じていました。
TOPへ戻る